JAPAN3Dは覚書サイトとして成長中



当サイトは仕事や趣味を通して学んだことを覚書として蓄積するサイトです。

最近はサイト制作の覚書ばかり更新されているのですが、メインはゲーム制作に関する内容にしていきたいです。

とは言っても、まだゲームの勉強を初めてから4年目です。

(実質的な勉強期間は2年半ぐらい ※2015年時点)

50年ぐらい更新できるサイトを目指しているので、サイトや訪問者の方々と共に成長出来たら幸いです(^^♪

japan3d

なるべく間違いが無いよう、また間違いは直ちに修正

人間性やキャラクターに自信があるタイプではないので、淡々と真面目な執筆活動を続けていく予定です。

アドバイスやご指摘も気軽にコメントをいただけると嬉しいです。

プログラムについては〚仕方なく勉強している〛節もありマニアにはなれそうにないので、最低限しか触れていかないでしょう。

最近ではビジュアルエディターが広く出回り、私もビジュアルエディターを使ったシステム構築に面白さを感じているタイプの人種です。正直、〚動けばいいじゃん〛側に属する私なので稚拙な部分も多いかと思いますが、特に初心者の方々に配慮した解りやすい覚書にしていくつもりです。興味がございましたら何度でも遊びにいらしてください。

UnityでのRPG制作方法をご紹介

ork-framework

私が2014年ぐらいから愛用している〚ORK Framework〛は素晴らしいシステムです。

無料版もあり誰もが使用可能であるにもかかわらず、日本国内では流行る気配がありません。

例えばセーブシステムの一部を利用してRPG以外にも使うことが可能ですし、アイテムメニューだけを取り上げても完成度が高く使いやすいシステムなのです。

私は新たなプロジェクトを始める際に幾つかのアセットを購入してきましたが、最終的には使い慣れた〚ORK Framework〛ベースでの制作に落ち着いてきました。

インタフェースが英語でゴチャゴチャしているので取っ掛かりにくい部分もあるのですが、〚ORK Framework〛の習得は様々なプロジェクトに役立てられるはず。

JAPAN3Dの覚書集の中でも力をいれて更新する予定なので、興味のある方は一緒に頑張りましょう。

Unreal Engineはブループリントが素晴らしい

ue4-bp

ORK FrameworkやMakinomにも共通していることですが、ブループリントはノードベースのビジュアルスクリプトです。

プログラムで記述した方が根本的な勉強にはなるのですが、プログラムの勉強方法がイマイチわかりません。そもそも私の能力が、改造や継接ぎでしか複雑なものは作れないレベルなので、最低限必要な範囲しか取り上げないつもりです。

私がゲーム制作の勉強を始めたのは4年近く前のことでした・・・

1年目の3DCGについては楽しく学べたものの2年目のプログラムでは半年以内に心を折られてしまい、その後の半年間は勉強そのものを放棄したという挫折期間があります。(翌年のニコニコ自作ゲームフェス3で更に挫折しているので実質の勉強期間は2年半ぐらいですね)

ゲーム制作の中でプログラム作業がつまらなかった

もし当初からビジュアルスクリプトに出会えていたのなら、システム構築の面白さにもっと早く気が付けていたのでしょう。

当時の私がプログラムに挫折したのは、ワクワク感が不足していたことにあります。

それに・・・

無理にプログラムを学ばなくても作れる

勉強をはじめて4年目に作ったByo-INというゲームがあるのですが、今までで一番プログラムを書かなかったゲームです。

それでも幾つかのバグで苦しめられたことを考えるとプログラムの才能自体が・・・

いっそのことゲームエンジンの進化を待って、自分は別の勉強をした方が将来の役に立つんじゃないかと感じます。

結構勉強したぞ!?という未練がましい気持ちもあるのですが、ゲームエンジン側の進化を信じてビジュアルスクリプトエディターで対応するのが当サイトの方針です。

 

私自身が未熟者ですが、サイトと一緒に成長できるようコツコツと更新してまいります。

興味がございましたら、一緒に成長していきましょう。

 

覚書以外にもフリー素材のオーダーメイドが可能(おまけ)

free-sozai

基本的には勉強した内容の復習や現在進行中の学習内容等を載せていくのがJAPAN3Dです。

しかし、以前運営していた〚オーダーメイド型の無料素材サイト〛を当サイトに統合することで〚管理コスト〛と〚サーバー運用費〛を削減することにしました。

当サイト上部にあるメニューのフリー素材から利用可能なので興味のある方は気軽にご利用ください。

 

ゲーム関連の素材はゲームと素材の共有SNSをご利用ください。

 

G+